Satellite-WAC via AO-40!

AO-40でWACをめざせ!

2002年5月、国際協力アマチュア衛星AO-40での交信に成功しました!AO-40は長楕円軌道なので、地球半分を覆うような交信エリアを確保することができます.と、なれば目標はスバリ!衛星を使った6大陸交信(WAC)です!難関は南米、そしてアクティビティの高くないアフリカ!はたして目標達成はいつになるでしょう?(記2002年6月.)

交信日は、日本時間です.

Asia

JF6BCC/JD1

Ogasawara Is.

私のAO-40での初交信であるとともに、かつ無線人生の中でも印象深い交信のひとつ.(詳細はこちら
自分のダウンリンクを探すのに四苦八苦したのも、懐かしい思い出(笑).TNX!今石さん!

(2002/5/2;2xCW)

Europe

UR5MGW

Ukraine

正午少し前、アンテナの調整をかねてCWでCQを出していたら、思わぬ応答があった.まさかウクライナとは! 最初が予期せぬ「・・−」だったので面食らった(最初は「J」と思って何度も聞き直してしまった.;笑)AO-40で2局めの交信だった.TNX Alex!

(2002/5/9;2xCW)

North America

K6LG

USA

早朝より眠い目をこすりCQ.数回目のCQに応答してくれた!すぐさまお礼の電子メールを送ると、「キミの信号の強さなら、他の米国の局ともきっとたくさん交信できるよ」とすぐに返信を送ってきてくれた.QSTにAO-40の記事も書かれる米国の重鎮らしい.TNX Clair !

(2002/5/30;2xCW)

Oceania

VK3TBC

Australia

AO-40が軌道修正に失敗した「怪我の功名」で、南半球の局とのウィンドウが長く取れるようになった.何度かe-mailをやりとりして、早朝4時(笑)のスケジュールQSOを組み、SSBでQSOした.TNX David !

(2002/6/6;2xSSB)

Africa

ZS6JT

Republic of South Africa

早朝よりアフリカ狙いでCQを連発していたが、誰からの応答もなく、仰角も10度より低くなり、自分のダウンリンクも蚊の泣くような弱い信号になってしまった.スイッチを切る前にもう一度バンド内を・・とワッチしたら、偶然にも彼のCQを受信.なんとか交信できた. TNX Peter!

(2002/6/13;2xCW)

South America

YV1DIG

Venezuela

やはり残ったのは、衛星で最も日本から交信の難しいといわれる南米.幸いにもAO-40では、AO-13と違い関東では仰角10度以下で僅かに南米とのWindowがある.YV1DIG Paoloさんが、好意的にJAと交信してくださり、CWも可能ということでe-mailを出してみたら、快くスケジュールに応じてくれた.YVとの間では仰角10度以下で交信可能であるが、しかしそこは東の空.東毛北部は低山が連なる.自宅は立木と山、職場では山でやはり仰角15度程度まで見えない.自宅、職場で各一度試みたものの、やはり聞こえず.こうなったら移動運用してでも南米を狙うことに決める.9月15日夜中、スケジュールを組み、自宅から1.5km南にある東側に見晴らしのきく桑畑の中の笠懸町の(寂しい)某公園駐車場に移動.(ここでも仰角5度まで山のため、ミドルビーコンが聞こえないことが判明)虎視眈々と待ち構えていたが、聞こえず!(Paoloさんの都合でQRVできなかったとのこと)捲土重来、再度9月23日夜中に4度目のスケジュールを組み、万全の準備で同じ地点に移動.仰角5度を越え、彼のCWが聞こえてきたときは、胸高なった!ついに悲願、サテライトWAC完成! 帰宅しての酒はうまかった!
TNX Paolo!

(2003/9/23,2xCW)

こうしてサテライトを始めたときの第一目標、
Satellite WACを手にすることができました.
なおJARLの代行申請ですがQSLの提出義務はなく、
JARL正会員2名の所持証明でOKです.


もどる