開局以来、50MHzメインの運用をしてきました.50MHzは「いつバンドが開くかわからない」というMagic Bandですが、運が良いときは、そのMagicが最高に心地よいものですが、ひとたび運に見放されると艱難辛苦のバンド(笑)になってしまいます. しかも仕事も中堅どころになり、家庭も持って、幼い2ndもいるとなると、いつ開くかもわからないバンドを聞いて、無線機の前にかじりついているわけにもいきません.かといって無線という趣味は続けたい、仕事や家庭とのマッチングもなんとかしたい.それでいて遠くとも交信してみたい.しかも長く続ける意味では適度な苦労もあったほうが良い(笑) そういうジャンルを探したときに、行きついたのが「サテライト」でした.

サテライト通信に私が感じている魅力は、
  • 「予め開く時間」が計算でわかり、かなり前から計画がたてやすい
  • 衛星の飛来時間に間に合わなければ潔く諦められる(笑)
  • 長軌道衛星で遠くの地とも交信できる
  • システムを工夫、研究すれば、もっと安定に交信ができるかもしれない
  • 子供の頃憧れた「宇宙」を垣間見れる
  • そして「誰から呼ばれるかわからない」出逢いがあること

太陽の気まぐれで左右される50MHzを離れて、しばし宇宙への逍遥を楽しみたいといます.あなたとの宇宙での出逢いを楽しみに・・・・


〜衛星通信挑戦記〜


- 第1章 - The First Encounter! ;邂逅

私の衛星通信との出逢い


- 第2章 - Ready to Lauch !;飛翔

簡易な設備で衛星通信ができる?
半信半疑のままアマチュア衛星への挑戦!


- 第3章 - The New Star !新星

新星AO-40への奮闘記


- 第4章 - Rambling... ;逍遥

そして、無限の彼方へ・・・

衛星通信奮闘記!

RS-13; ROBOT! Are you recieving me?)

AO-40:「有朋自遠方来、不亦楽乎」

めざせ!Satellite WAC

WAJA is possible by the Satellite ?

Misson :"国際宇宙ステーション ト 交信 セヨ"




ライブドア社主催「第1回 ウィキ文学賞」で特賞受賞!

Wiki、始めました.ぜひ衛星の世界へ!

予想外の短命に終わったAO-40で日本から交信できたエンティティ一覧

特別寄稿

SM7XQZ(JG2GSY)山崎先生特別寄稿
The Reports from Sweden より


註:以下の記録は2002年当時のものです.

スウェーデンで聞くUO-14

混沌の坩堝! 修羅場度レベル7、レベル9収録!

UO-14のハプニング集

数々の予期せぬできごと・・・・

DXing by UO-14 in EU

欧州でのUO-14でのDXingを紹介!

「有朋自遠方来、不亦楽乎」

友情のかけはし、AO-40への挑戦
SM7XQZ-JN1BPM交信ドキュメント

A Small Expedition in TF

TF/SM7XQZ/P(アイスランド)運用記

EUにおける各衛星のアクティビティー

2002年の運用のまとめ

Stations via the Satellites

衛星通信交信局リスト

SO-35,UO-14,AO-27,RS-13,FO-29,AO-40,SO-50 & AO-51
随時更新!

Related Links

衛星通信関連リンク

戻る