Memorial QSLs in Cycle 22!!


Asia

BY4AA

(People's Republic of China)

1985年の暑い夏の午後、当時私は最初の局免許の書きかえを控え、「そういえば無線もやっていないなぁ」と、何とはなしに押入から出してきたナショナルRJX610と、何年も斜めに塀に立てかけたままの3mhのGPで、6mを実に久しぶりに聞いていた.
50.110でBY4AAのCQが聞こえた.予想もしないできことに、興奮してコールすると応答があった.このQSOが6mで初のDXとの交信だった.こんな設備で中国と交信できるなんて・・・(HLやJD1ですら交信していなかったのだ.)しかし、この日はこの局以外に国内とも交信できず、RJXは数日後再び押入に片づけられることになる.
この数ヶ月後、中古車を手に入れた私は赤城山の林道で無線をやることを思いつき、実家の押入から再びRJX610を取り出して、赤城山の林道へ車を走らせる.そこでJO1HQQと出逢い、これほどまで後に「6mの虜」となるとは・・・暑い夏の日、私はまだ知る由もなかった.(詳しくはWACAまでの軌跡もご覧下さい.)

(on Aug.13 .1985, 2xSSB)

VK4ALM

(Australia)


(on Oct.31, 1987, 2x SSB)

Oceania


South America

LU8MBL

(Argentina)

初の南米であった!

(on Feb 25 .1989, 2xSSB)

WA8LLY

(U.S.A.)

Cycle 22では、USAの局とも多く交信できたが、その中でも最も印象深いQSO.SteveはVUCCアワードマネジャーを務めている.私のVUCC(1989年発行)も彼にチェックしてもらった.彼を「6m」で見つけたときは、うれしくて渾身の呼びかけをしたが、パイルがひどく突き破れない.しかも「夕食なのでQRTする」とのアナウンス.「Hideだ!Steve!覚えてる?」と強引に数回呼びかけたら応答があり、感動のQSOとなった.
【彼は現在はK6UM.しかもそのコールでもサイクル23でも再び6mでQSOできたのは、なんとも奇遇である.】

(on Apr.23. 1990, 2x SSB)

North America


Europe

F6EPE

(France)

私のCycle22を語るに最も印象深いQSO.
夕方、突然ヨーロッパがショートパスで大オープン!50.110中心に、おそろしいほどのパイルがおき、あきらめて上のほうを聞いたらなんと 50.210MHz!で、この局を発見!1発で交信できた.
彼はJAと 6局の交信できたそうである.(私の知る限り、私を含め3局は群馬県の局.)初のヨーロッパであった.やはりワッチこそすべて・・!

(on Feb 25 .1989, 2xSSB)

ZS8MI

(Malion Is. ,Rep. of South Africa)

卒業旅行のJD1から帰ってきて、突然のZS8MIの強力なオープンに遭遇.あっけなくQSOに成功.その辺の山岳移動と同じように強力で、パイレートと疑ったほどであった.
これで念願の6mWACが完成した!6m is the magic band! を実感した日であった.

(on Apr.23. 1990, 2x SSB)

Africa


▲念願の6mWAC!

7Q7JA

(Malawi)

研修医生活が始まり、無線どころではなくなった.運良く連休で帰省できた91年5月、7Q7JA(esJL1IHE)の初のアフリカ本土からの電波が山々を越えて、太田の実家のヘボアンテナでも聞こえ、しかもQSOできたときは本当に感動した.

(on Feb 25 .1991, 2xCW)

OE6DGG

(Austria)

誰が、もう一度ヨーロッパのショートパスのオープンがあると信じていただろうか?奇跡はもう一度、巨大なパイルアップを伴いながら起こった.
またもや私は50.170MHzで、パイルアップなし!のオーストリアのこの局を発見!
群馬県に局地的にオープンしていたのだろうか?

(on Oct.19 1991 2xSSB)

HI8A

(Dominican Republic)

「カリブ、ロングパスで入感!」と夜に勤務先に電話をもらった.同僚や後輩に「急用!すぐ戻るから、頼む!」と懇願し、残っていた雑用を強引に押しつけて戻りなんとかQSOした.奈木OMのcoolなオペレーションに感謝.

(on Apr.23. 1990, 2x CW)


9K2ZR

(Kuwait)

あの悲劇的な湾岸戦争の後、クウェートが沖縄で入感しているという情報があり、4月の沖縄にDXハントツアーに出かけた.
この局の他、ZS本土とも念願の交信ができた.
われわれがいつでもハムライフを楽しめるよう世界の平和が続くことを願わずにはいられない.

(on Apr.18 1992 2xCW)


もどる